おいしい品質 Q・B・B

TOP RUNNER Q・B・B

Q・B・Bブログ

神戸マラソン初参加!Q・B・Bランナー紹介【エントリーNO.3】

みなさん、こんにちは!

神戸マラソン初参加となるQ・B・Bランナー紹介も、折り返しとなりました。

週2回ほど更新していますので、引き続きチェックお願いします!!

 

 

3人目となるランナーは

エンジニアリング部 設備開発チーム 桑本 圭さん です。

※マラソン経歴(フルマラソン初参加)

 

 

「苦手なマラソンへのチャレンジ!」

 

こんにちは。稲美工場の桑本です。

エンジニアリング部からマラソンに出場するのは私が初めてのようなので、絶対に完走したい!と思っています。

 

短距離を走ることは好きですが、長距離は学生のころから苦手で、学校のマラソン大会なども嫌々参加していました。

しかし、昨年の神戸マラソンボランティアに参加し、ランナーの方達が一生懸命走っているのを目の前で見て感動し、今年はランナーとして参加したいと思いました。

 

人生初のフルマラソンなので、怪我だけしないように頑張ります!

桑本3

エンジニアリング部の期待の星!!

ぜひ完走して、マラソンの楽しさを部で広めてくださいね♪

 

第1回!企業交流マラソン in KOBE

こんにちは!

突然ですが、ランニングは好きですか?!

普段から楽しんでいる人も、ちょっと苦手という人も。

走る楽しさを共感しようではないか!ということで、大阪支店と本社のメンバーで、企業交流マラソンに参加しました。

 

記念すべき第一回目となる、この大会。

「みんなでONしよう!」を合言葉に、ランニングを通して従業員の健康増進や、コミュニケーションの活性化など、企業の活力向上のきっかけとなればと、企画されたとのこと。

 

当日は、マラソンだけでなく交流ゲームやヨガ体験、レンガ窯で焼くピザの提供。

さらに名刺交換や抽選会、企業PRタイム、打ち上げ交流会など、参加する企業同士の交流のきっかけとなる、様々な催しが盛りだくさんでした♪

 

 

会場となったのは、神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス。

芝生も建物も美しい~連日の雨が嘘のような快晴♪

IMG_0915

参加したのは全52チーム650名。

着替えや準備もそこそこに、大会MCのまなみっきーさんの軽快なトークで開会式がスタート。
ウォーミングアップでは、全員で輪になってストレッチターイム。

image4

ウォーミングアップも終わったところで、いよいよ第一走者がスタート地点へ。
今回の大会は、1周1.15キロメートルのコースをたすきリレーし、4時間で何周走れるかを競います。

Q・B・Bチームは総勢14名。
普段から走り慣れている人もいれば、今日のためにウエアー購入から始めた人も。
さて、どんなレースが繰り広げられるのか!?

 

 

トップバッターは参加メンバー最年少の津崎くん!
はつらつさがにじみ出る、この表情!!

image1

普段から多くのマラソン大会に参加している小林さん、余裕の笑み♪

miyabiさん

営業の高橋さんは、お子さんと共に!親子揃って素晴らしい走りです。

高橋さん

チームの番長&ムードメーカーの藤井さん!前のランナーよ、待て待て待て~。

藤井さん

距離が短いので、わりと余裕じゃん♪と思っていましたが、これがしんどいっ!
周りのランナーにペースを合わせて走りすぎ、タスキを渡す時は声すら出ない状態に・・・。

それぐらいみんな、みんな全力疾走!

これはイケる!!イケるぞー!!!

ラストは最終ランナー共に、チームでゴールっ!!!!!

goal

結果は、52チーム中36位でした。
他のチームの皆さんの激走に圧倒されてしまいました。

ちょっと悔しい・・・

 

終了後は、企業PRタイムで新商品の「チーズデザート熊本県産和栗」と「リッチな4種のベリーを紹介しました。
実際に打ち上げで試食もしていただき「おいしい!」「絶対買います!」と、嬉しいお声もいただけました☆

PRタイム

ランニング初心者の社員も、最初は緊張していたのですが
イベントが終わるころには、来年は神戸マラソンに出てみようかな・・・と言う人も!

 

企業として、従業員の健康管理をどうしていくかが注目を浴びている中で
各レベルに合わせながら、楽しく運動するキッカケに繋がるイベントでした。

集合写真

来年の開催も、楽しみにしています♪

次こそは、出場チーム上位に入るぞー!!

 

アシックスランニング教室に参加しました!

神戸マラソンオフィシャルイベントとして、18歳以上の方々を対象に行っている「アシックスランニング教室」に、協力企業として参加させていただきました♪

 

この日は、フルマラソン4~6時間台の記録をお持ちの方や未経験の方、約150名以上が神戸市立王子スタジアムに集合。
講師に、北京オリンピック女子マラソン出場の中村友梨香さんを迎え、ストレッチからドリル(基本練習)、各レベル別にランニング方法を教えていただきました。
こんな機会はめったにないので、Q・B・Bスタッフもちゃっかり参加♪

 

 

まずは、時間をかけてストレッチ。
カラダが「のびてるよ~ぉぉぉ!」という声を発しているのがわかります。
(完全に運動不足ですね・・・)

アシックスランニング教室,神戸マラソン,六甲バター,qbbチーズ

つづいては、基本練習。
難しい動作ではないんですが、普段意識することのない動きを行うことで、フォームの見直しにもなります。

神戸マラソン,qbbチーズ,六甲バター

最後は各々のレベルにわかれて、全員でランニング。
各コーチ陣たちが、伴走をしながらアドバイスをしてくれる場面も。
適度にカラダがあたたまったところで、約2時間半の教室はケガもなく終了しました。

 

 

お見送りの際には「Q・B・B チーズで鉄分ベビー」をプレゼント♪
運動後のつかれた体に、チーズに含まれるたんぱく質と糖質を合わせて摂取することで、筋肉の回復を高めることが報告されているんですよ!

神戸マラソン,qbbチーズ,六甲バター

神戸マラソンの公式イベント情報にも、今後の教室の予定などアップされています。
ぜひ、正しい走りとフォームを覚え、神戸マラソンを完走しましょう!!

 

イベント詳細はこちら。

http://kobe-marathon.net/2018/event/

神戸マラソン初参加!Q・B・Bランナー紹介【エントリーNO.2】

みなさんこんにちは。

今大会が神戸マラソン初参加となる、Q・B・Bランナーを紹介します!

 

紹介する2人目のランナーは

稲美工場生産部 5プラベビーチーム 山本 諒さん です。

※マラソン経歴(フルマラソン初参加)

 

 

「神戸マラソン初参加に向けて」

 

はじめまして、稲美工場生産部の山本 諒です。

 

フルマラソンは初参加。

また、長距離もあまり走ったことのない超初心者です。

 

中学・高校はハンドボール部でしたがポジションはゴールキーパーという。。。

不安要素だらけですが完走を目指し、ケガ無く生きて帰ってくることを目標に当日は頑張りたいです!

山本さん

 

ゴールキーパーではゴールを守っていたと思いますが、神戸マラソンではゴールに向かってひた走って下さい!

山本さんのナイスキープな走りを期待しています!!

富士山・山中湖チャリティー駅伝を終えて

菓子営業部東日本販売チーム 佐藤 夢香さん の

富士山・山中湖チャリティー駅伝の参加レポートを紹介します♪

 

*********************************************

 

【10月14日(日)に開催された「富士山・山中湖チャリティー駅伝」に参加してきました!】

 

この大会は、大会会長の瀬古俊彦氏の『走ることで社会に恩返しを』という思いのもと、2008年に始まり、タンザニア難民キャンプや東日本大震災復興支援などへの社会貢献を目的に開催されています。

 

「チームQ・B・B」は今年で3度目の参加になります。

1年目は1チーム、2年目は2チーム、そして今年は東京支店を中心に本社からの遠征も含めたメンバーでなんと4チーム(20名)での参加となりました。

7月頃には区間を決め、それ以降仕事終わりに皆で皇居ランをしたり、休日には各々で走ったりと練習に励みました。

 

当日はあいにくの雨模様。

かつ、前夜祭で飲みすぎたメンバーもちらほら。

一時は出走が危ぶまれましたが、何とかモチベーションを取り戻し、スタート地点に立ちました。

レース中も雨が降ったり止んだりの悪天候でしたが、全チーム関門に阻まれることなく、無事に襷(たすき)をゴール地点まで届けることができました。

神戸マラソン,浜名湖チャリティー駅伝  神戸マラソン,浜名湖チャリティー駅伝  神戸マラソン、浜名湖チャリティー駅伝

最終的な結果は103チーム中、19位・73位・83位・92位でした。

ゴール後には「チーズで鉄分ベビー」を参加者の方々にお配りし、皆様の健康な体づくりにもすこし貢献できたのではないかと思います。

神戸マラソン,浜名湖チャリティー駅伝,Qちゃん

駅伝という競技は、年齢や性別は無関係にチーム一丸となり、力を合わせてゴールを目指すことに特徴があります。

前の走者から襷を受けるまでのドキドキ感、他チームには負けたくないという競争心、次の走者に襷を渡す責任感、そして襷を繋ぎきれた時の安堵感と達成感。

メンバー同士が励まし合い、協力し合わなければ成し得ない経験です。

長距離を走ることに不安があったメンバーも、練習で自信をつけ、当日は皆で励まし合い得られた成果だったと思います。

何より、皆で“心を一つに”襷を繋ぎきれた事、たくさんの喜怒哀楽を皆で味わうことができた事はとても貴重な体験でした。

今回のようなプライベートな大会も含め、日々お世話になっている先輩、後輩には感謝の気持ちでいっぱいです。

神戸マラソン,浜名湖チャリティー駅伝

神戸マラソンまでも残すところ1ヶ月余り。

私自身は昨年怪我で出走できなかった悔しさを晴らすべく、また応援してくださる皆様にも良い報告ができるよう、残りの時間でしっかり準備したいと思います。

 

*********************************************

 

参加者の皆様、お疲れ様でした!!

神戸マラソンでもアツい走りで、応援してくださる方々にドキドキと感動を届けてくださいね☆

1 / 212

ページのトップに戻る